課長ニュース

2ちゃんねるの芸能ニュースなんかをまとめたブログだよ

カテゴリ: 宗教

1 :プロストラチン(茸) [CA]:2020/03/19(Thu) 12:21:16

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XYLxmDb.png https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析
ミステリーチェイサー原田龍二の「奇怪倶楽部」file.014
2019年09月18日

これまで世界各国の不思議な生き物や存在を語ってきたミステリーチェイサーの原田龍二。今回は、世界を震撼させる可能性のある予言について彼の見解を尋ねてみた。

東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、都内を中心に環境や設備が整えられているが、その開催が危ぶまれるような不穏な予言が世界中に広まっているのをご存知だろうか? 
それが「2020年の3月20日にこの世に終わりが訪れる」というものなのだ。今回は原田龍二が人類滅亡の予言の謎について語る。

2020年、この世が滅亡するという予言をみなさんはご存知ですか?

マヤ文明で使用されていたマヤ暦によると、「2020年3月20日に人類が滅亡する」というのです。オリオン座のベテルギウスの超新星大爆発が起き、ガンマ線バーストの影響でオゾン層が破壊され、
そこから放射線が地上に入り込み、その放射線の影響と気温の激しい上昇により、この日に地球上の生物は焼き尽くされすべて灰となり滅亡する、といわれています。

そもそもマヤ暦は何かというと、紀元前5世紀頃からマヤ文明で使用されていた暦法で、周期が260日のものや、現在と同じ365日のものなどいくつかの月日の数え方があるそうです。

そのひとつである長期暦というものは、“5125年をひとつのサイクル”として考えるもので、実は2012年12月21日がサイクルの終わりの日でした。
そしてその日が「人類滅亡の日」ではないかという予測がされていて、当時多くの人々をざわつかせました。

しかし、僕たちは未だにここに存在しています。つまり、予言ははずれたのです。
しかし、この結論に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、先にお話ししたように2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです。
しかも恐ろしいのが、この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致するということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。
https://friday.kodansha.co.jp/article/65467

続きを読む

1 ::2019/10/02(水) 11:33:23.58 ID:sd1+RVvP0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/M7gp0jY.jpg
https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/1fu.gif
https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/7/8/78059916-s.jpg

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2019/04/07(日) 22:25:00.42 ID:S9I0S3dI0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif 「ノストラダムスの大予言」の著者・五島勉氏(89)が7日、フジテレビ系「ミスター・サンデー」の取材に応じ、「予言」がはずれたことについて「子供たちに謝りたい」などと語った。また、
著書に込めた真意についても述べた。

 同書は1973年に出版。1999年7月に人類が滅亡するという衝撃の内容で、宮根誠司アナウンサーは「子供の私は100%信じていました」と振り返った。「結局、何も起こりませんでした」
「この本の著者が語ってくださいました」と述べた。

 同書には「ノストラダムスの予言」として、「1999年7の月 空から恐怖の大王が降ってくるだろう」などと記されている。第1巻の売り上げは210万部。シリーズで600万部を売り上げたという。
人類の滅亡を思わせる記述に、20世紀末に大きなブームとなった。

 五島氏はテレビ取材は一切断ってきたそうで、音声だけという条件で同番組の取材に応じた。
「子供たちには謝りたい。子供が読むとは思っていなかった。真面目な子供たちは考えてご飯も食べられなくなったり。悩んだり。それは謝りたいと思う」と述べた。

 一方で大人に対しては五島氏は「ちょっと書き方を間違えて。初めに1999年って出てるでしょ。そっちのほうしか読まない。そ
こだけでみんな驚いちゃってね。最後は『残された望みとは?』という章をひとつとって書いてある。最後に救いもあるんだとそこに書いておいたのに、そっちは読まない、誰も」と無念そうに述べた。

 最後の章の一部を番組は紹介。「いま、私たちひとりひとりが大気や水やそのほか一切の環境をよごすのをやめ、エゴや戦争への衝動や、
それへの傍観を克服できれば、少なくとも人為的な破滅だけは避けることができる」などと五島氏が明確なメッセージも残していたことを伝えた。

 五島氏は「世界がだんだん酷い状態になっている。そうするとそれに対抗する人間の知恵っていうものがね、それと同じくらい膨らんでいくわけですよ。希望があるとすればそれだと」と意図を述べた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000147-dal-ent

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/03(火) 19:53:21.26 ID:2IgXe0GX0

https://i1.wp.com/img.2ch.net/ico/yukidaruma_3.gif 辛口サッカー評論家のセルジオ越後氏(72)が3日、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月〜金曜後3・30)にゲスト出演。サッカーW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、
ベルギーに惜しくも2—3で敗れた日本代表に対する国内の感動ムードに物申した。

 セルジオ氏はベルギー戦を振り返り、「試合の読みが思った通りにならなかったから西野監督が困った」と2点を先制したことで逆に采配を難しくなったとする持論を展開。
「試合後のインタビューで(西野監督が)『何が足りないんでしょう』って言っていたけど、彼は答える立場。頭が真っ白になっていたと思う」と語った。

 「どっちがチャンス多かったということを考えたら、惜敗というよりは内容的にはもっと大きな差があった」と試合を分析し、
「冷静になって全部振り返ってみてください。10人の相手に1勝しただけで、あとは2敗1分のチームがどうして強いと言えるんですか」と大会全体を総括した。

 また、国内が代表チームの健闘を称えるムードにあることにも「こんなに勝てない国にどうして辛口が僕一人なの。これでよくやったと言ったら勝たなくてもいいってことになる」と苦言。
「外国なら負けたら慰めはない。負けても慰めるのは強くない証拠https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000144-spnannex-socc
負けは負け。負けたときに厳しくやらないと」と辛口評論を続ける意図を説明した。

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/06/24(日) 07:01:29.76 ID:rmi7ejYX0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/kashiwamo-chi32.gif およそ30年前の元号となった「昭和」。第二次世界大戦や高度経済成長など、現代の日本とはまた違った特徴ある時代でした。
そんな昭和の頃にもさまざまな「流行り」があったのですが、当時を思い返すと「なんではまってたんだろう?」といったものもちらほら。
そこで今回は「なんではやったんだろうと思う昭和のブーム」をアンケート、ランキングにしてみました。

1位竹の子族 125票
2位ノストラダムスの大予言 112票
3位なめ猫 107票
3位スプーン曲げ 107票
5位エリマキトカゲ 104票
6位ウーパールーパー 103票
7位ツチノコ 94票
8位ダッコちゃん 77票
9位聖子ちゃんカット 74票
10位おニャン子クラブ 65票

11位およげ!たいやきくん 55票
12位フラフープ 54票
13位心霊写真 52票
14位ルービックキューブ 48票
14位シェー ※漫画『おそ松くん』のギャグ 48票
16位ローラースケート 47票
17位インベーダーゲーム45票
18位キンケシ/キン消し 43票
19位スーパーカー 36票
19位慎太郎刈り 36票
21位ボウリング 34票
21位歌声喫茶 34票

https://ranking.goo.ne.jp/column/5177/

続きを読む

1 :名無しさん@涙目です。:2018/05/30(水) 22:30:26.66 ID:ArW01mVG0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/nida.gif ■2043年、人類の80%が死滅!

 そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいこ
とだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。

51hHxhirQPL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
 たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。こ
れは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載されており、7月5日付東京スポーツ新聞でも発表された。

 そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。死者15名、重軽傷者2000名を超える大災害であった。
予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?
 
 今回予言者ジュセリーノが予言している日本の東海地方での史上最悪の地震とは、南海トラフ巨大地震を指しているのではないかと思われる。とい
うのも最近、霧島連山の新燃岳が噴火を繰り返し、火山活動が活発化しているのだ。霧島連山が噴火すると、数カ月後から1年以内に巨大地震や富士
山噴火が起きているパターンが多い。それに今、ハワイのキラウエア火山でも大規模な噴火が起きてい
るなど、世界的異変が起きている。このような状況から鑑みると、ジュセリーノが指摘するように、6月中に日本に大災害が起きてもおかしくはない状況なのである。

 さらにジュセリーノは恐ろしいことに、これまで繰り返してきた環境破壊の報いを受けて、2043年に人類の80%が死滅するという予言もし
ている。「予言を恐れるのではなく、人類1人ひとりが意識を高めて世界がひとつになって行動することにより、未来は変えられる」と彼は言う。

 ジュセリーノの予言は賛否両論あるものの、人類規模で意識を変えなければならない時がまさに今到来しているというのは間違いない事実だといえるだろう。

http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_3.html

続きを読む

1 : :2018/05/05(土) 17:24:04.79 ID:vyXDvmLS0

https://i1.wp.com/img.5ch.net/ico/monatya.gif 新日本婦人の会@njwa_nakama
#0503憲法集会
でった 超傑作。ダヴィンチ先生の力を借りた「最後の晩餐」。
さすが武蔵美卒。20時間で完成とのこと。ひぅーぅ

https://i1.wp.com/imgur.com/wgU7uhq.jpg


『最後の晩餐』(さいごのばんさん、英: The Last Supper伊: L'Ultima Cena)は、レオナルド・ダ・ヴィンチが、彼のパトロンであったルドヴィーコ・スフォルツァ公の要望で描いた絵画である。
これは、キリスト教の聖書に登場するイエス・キリストの最後の晩餐の情景を描いている。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/最後の晩餐_(レオナルド)

関連スレ
「安倍はサタンだ!安倍政権打倒の戦争を開始する。戦争反対!」サヨク団体らが共闘し辺野古反対デモ [転載禁止]
https://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1442060372/

続きを読む

↑このページのトップヘ